Plesk12.5からPHP7が利用可能に!


いよいよPlesk12.5で、PHP7が利用可能になりました。

Pleskが使えるレンタルサーバーを探すならこの本から!

Plesk12.5から、PHP7が利用できるようになりました。
PHP7+nginxという組み合わせをSSHを利用せずインストールすることができます。

Plesk12-5

Pleskのすごいところ!

Plesk12.5になると、PHPは、5.3~7までのバージョンを選択できます。
選択できるといっても、

各ホスト毎にバージョンを変えることができます!

※各ホスト単位ということは、サブドメインごとにPHPの詳細バージョンを変えながら運用できますので、このソフトはこのPHPバージョンで、あのソフトは最新のPHPバージョンということを1つのサーバーマシンで実現できます!

はっきり言って革命的です。

Apache、nginxの利用もホスト毎に選択できます!

WEBサーバーに関してもホスト毎にnginx、Apacheの利用可否を選択できます。

WordPressは、PHP+nginx、平ページ中心のMTならApache(nginx)という選択が可能になりました。

CloudFlareをプラグイン導入でワンクリック導入が可能!

CloudFlare導入用の拡張プラグインが標準で実装されています。
これを導入することで、CDNをワンクリックで、しかも各ホスト毎に導入が可能です!

SNIに対応で、1つのIPでいくつもSSL証明書が導入できるようになりました!

Pleskの最新バージョンでは、1つのIPアドレスに複数のSSL証明書がインストールできるSNIに対応しています。
これにより、今までなら複数のIPアドレスが必要になるSSL証明書がたった一つのIPアドレスで実現可能です。

FTPやメールははSSL標準対応!

最近はセキュリティ対策が声高に叫ばれています。
Pleskなら、FTPや、メールもSSL(TLS)接続に標準対応しています。

Plesk導入サーバーで激安VPSはこちら




コメント

Linuxに関するお問い合わせは


ココナラでお問い合わせ受付中!




Linuxに関するお問い合わせは、ココナラにて受け付けております。
1相談1000円からとなっております。
ホスティングサービス運営経験10年以上の私がお答えいたします。


コメント


ココナラで問い合わせてみる

SNSでもご購読できます。

PR