NISA本格稼働。問い合わせいつもの2倍


2014年となりNISAが本格的に始まった。

NISAは、年100万円まで(最高500万円まで拡大可能)の売買取引益が非課税とうなる口座のことで、昨年末に400万口座の開設があったと発表があった。
そのNISA口座での取引が2014年となり本格的に始まった。
各証券会社への問い合わせが通常の倍とあり、期待が持てる状況だった。

しかし、上限が設定されている口座

現状では上限100万円の口座だ。
1万口座が100万円の上限まで取引をしたとして、100億円。400万口座がすべて100万円の上限まで資金を入れたとして、4兆円だ。
実際に4兆円というのは大きいとは言えない。
投資の世界では普通に兆が動く世界だ。
その中での4兆というのはほんの数%取引量が増えたというにすぎないだろう。
また、おそらく開設口座の半数以上の口座は投資が初めての方ではなく、従来から行っていた資金の一部もしくは全部をNISAへ移しただけだろう。
実際には新規に流入しそうな資金はどんなに多くても2兆円もないのではないと思われる。
現状では1兆円程度が新規資金として口座に入金されており、また、取引が初めての方は最初から100万円をそっくり投資に回すことを怖がる方も多いだろうから実際に動きそうなのは3000~5000億円程度ではないかと想像する。
その程度では、株式相場の変動に影響を及ぼす時には集中してどこか1社にみんなが売りなり買いなりを入れないことには起きないだろう。
ほとんど変わらないということだ。
とはいえ、一つの障壁である税金の減免措置はありがたいことで、30~50万くらいを貯金のつもりで好きな企業の株を現物取引で購入しておくという方は増えそうだ。
本来株式会社にあるべき、好きだと思う企業の株を買うという本来の取引が起きそうだ。

東京オリンピックあたりを目標に大口の投資家が登場することを願う

おそらく、実際にNISAについて今期待をしているのは一般投資家で、投資の世界は今に期待をしているわけではないだろう。
この先、その中からもう少し大きな資金を持ち込んでくる投資家が現れることに期待をしているだろう。5年後、6年後という話である。

そのためには、まずは18000~2000円当たりまで株価の上昇、デフレ脱却、対米ドル105~110円前後の相場あたり東京オリンピックに向けていい方向に向かい、初心者投資家がまずいい思いをしなければいけない。そして、学ばなければいけない。つらい思いもいい思いもしながら勝ったり負けたりしながら投資家として成長した時に、本来あるべき姿、応援したい企業の株を買い、積極的にその企業へ資本参加していく。
その企業が期待通りがんばれば株価は上昇し、頑張りが足りなければ株主総会で叱咤激励する。
そういう正しい世の中になっていくのかもしれない。


コメント

SNSでもご購読できます。

PR