たったの1記事で成果を獲得するために絶対抑えておきたい3つのパートとその中身の書き方

はてなブックマーク - たったの1記事で成果を獲得するために絶対抑えておきたい3つのパートとその中身の書き方
[`evernote` not found]
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]

商品説明記事でも、ランディングページでも、ただのブログでも、成果をもたらすにはまず記事内容が重要です

商品購入・申込や、問い合わせのみならず、個人ブロガーさんがはてブ獲得やアフィリエイト成果にいたるまで、たとえどんなものを成果とみなしたとしても、最も重要なのは、そのページに書かれている記事内容が重要です。
記事内容が閲覧者の望みどおりの情報であればあなたの目指した成果につながりやすくなるのです。
そのために、記事を3つのパートに分けてその3つのパートに何をどういう風に書いていけばいいのか解説してみます。

記事を読んでもらうためのほとんどがココ!タイトル~キャッチコピーパート

貴方が人のブログ記事やニュース記事などを読む際に、どのような思考で記事を読んでいるだろうか。
ニュースは毎日毎日何百も何千も配信されています。
その中でまず気になってクリックしてしまうのはどういうものでしょうか?

クリックしたくなるようなタイトル付け

Googleに代表される検索エンジンでも小さな検索エンジンでも基本的にあなたのページへリンクしてくれる際はページタイトルに対してリンクを掲載してくれます。
いわば、ページタイトルは検索エンジンなどのリストになった際にはリスト内のあなたの記事へのリンクタイトルになっているのです。
まず、クリックしてしまうのはこのタイトルが見ようとしている人に興味がわくようなタイトルになっていないといけません。
たとえどんなに内容としては素晴らしい記事だったとしても、クリックされなければ全く意味がありません。
タイトル次第でアクセス量は大きく変わります。

SEOを意識するあまり単語にしてしまうのはNG!

SEO会社の持つリンク用のサイトならそれでもいいかもしれません。
タイトルという箇所は検索エンジンのロボットにとって重要な項目の一つなので、タイトルが単語一語になっていれば、ロボットはその単語に最適化されたページとして認識するのかもしれません。
しかし、これはあくまで『ロボット』、いわばプログラムのためにおこなう対応にすぎません。
例えば、トマトで作る料理にどんなものがあるのかな?と思って『トマト料理』というキーワードで検索したとします。
検索結果のタイトルが『トマト料理』とだけなっているページと、『トマト料理一覧』となっているページの場合、どちらの方がクリックしてしまいそうですか?
もちろん後者ですよね。一覧とついただけなのに、トマトを使う料理の一覧表があるのかな?と想像させますので、自分の調べているものに近そうだと考えますよね。
もう一度言いますが、タイトルは、検索してもらった際に思わずクリックしたくなるようなタイトル付を心がけてください。
また、Googleは、全角で20~25文字程度までしか表示しませんので、その文字数で収まるしっくりとくるタイトルを考えてください。
当ブログはGoogleからの集客よりブログ検索サイトからの集客がメインだと考えているのでタイトルの文字数を気にせず自由に書いています。
用途、メインエンジンが何なのかによってそのあたりを柔軟に考えましょう。

始まりの文章100文字は非常に重要!

始まりの100文字がなぜ重要なのか。
ほとんどの場合、検索エンジンは冒頭100文字程度を検索結果上に現れる説明文として利用します。
タイトルの下に説明文が掲載されているあれです。
METAディスクリプションを書くと、そちらが採用される可能性もありますが、始まりの100文字が出る方が強いページだと考えてください。
そう考えると、冒頭100文字がどれほど重要かわかりますよね。
タイトルで閲覧しようとしている人の興味をそそり、説明文100文字程度でどのような情報が掲載されているのかをしっかりアピールできればマッチする閲覧者はクリックして見に来るはずなのです。
SEO業者に依頼しますと、大概タイトルを単語にしがちですが、業者はプロです。説明文にあたる部分でしっかりフォローしていたりもします。
タイトルだけを意識してもダメですし、説明文ばかり気にしてもダメなのです。バランスと要素が重要です。
この100文字はいわばキャッチコピーやセールスコピーにあたるパートだと思ってください。
見に来た人に提供する価値は何なのか(ベネフィット)が明確にわかるように記載しましょう。
例えば、このページの冒頭100文字として書いてあるのは、

商品購入・申込や、問い合わせのみならず、個人ブロガーさんがはてブ獲得やアフィリエイト成果にいたるまで、たとえどんなものを成果とみなしたとしても、最も重要なのは、そのページに書かれている記事内容が重要です。

記事内容が閲覧者の望みどおりの情報であればあなたの目指した成果につながりやすくなるのです。

そのために、記事を3つのパートに分けてその3つのパートに何をどういう風に書いていけばいいのか解説してみます。

と、しました。
成果を獲得するには記事内容が重要で、どういう風に書くか解説していますからね。
というのがベネフィットとして説明文として書きました。
おそらくこのページにたどり着いた方のほとんどは、まさに成果はどうやってあげればいいのか悩んだ結果、ブログなどの記事内容に問題があるのではないか?と考えいろいろ検索した結果、記事内容の書き方やポイントをまとめたページっぽいので見に来てみた。
という感じで見に来られたのではないだろうか。そういう方はRTやシェア、はてブしていただくとありがたい。
METAディスクリプションはブログなら抜粋の部分にもよく似た説明文を入れておけばどちらが検索結果に表れても問題ないだろう。
ただし、同じようなことを書いていても文章を全く同じにしないほうがよいだろう。あとあと検索エンジンスパムとみなされても面倒なので。

本文にあたるパート~ボディコピー~は書いて余ることはありません!

よく聞くお話で『それはあなたの思い違いです』と、即答する質問があります。それがこれです。
【あまり長々と書くと、読む人が嫌になると思うので、バランスを取って文字数に制限を掛けたほうがいいと思うんです】
や、
【字は載せずに、商品の写真をどんっ!と掲載して、あと値段と申込フォームが一番いい気がするんですけど】
の、2つのお話を聞くことが非常に多くこの2つに関してそのほとんどの場合、話を聞いている途中に少し食い気味に、『それは違いますよ』と、お答えします。
まず、字を乗せない場合があります。
これは、画像内にもじで説明を書くというのも同じです。
説明文をなくしイメージ画像だけにするということは、ロボット型検索エンジンが見た場合何の説明が書かれているページか認識されなくなります。
従って、そもそも見に来る人がいなくなります。
前者の文字が多いものは好まれないというのは大きな勘違いです。
ある国内大手ショップサイトの分析結果では、少しでも文章量の多いものの方が少ないものよりも結果的によく売れるという傾向があると堂々と発表しておりますし、自社のシステム利用者に文字数を増やすことを積極的に奨めています。
もちろん、意味のある文章での文章量ですから、商品説明ならその商品の持つ魅力、性能、機能など、余すことなく伝えることが必要ということです。
最近はその商品をつかったアイディアなどを掲載することでさらなる販促につながるという傾向も出てきました。
いい例でいうと食材などの場合、食材販売カートに、その食材の調理方法を乗せたり、ほかに必要な食材へのリンクを掲載することでさらなる売り上げ増につながっています。
それでは、どのような文章を掲載すればいいのかいくつか例を挙げておきます。

商品の真実を明確に記載する

例えば腕時計なら時間が確認できる商品であることや、防水性能、カレンダー機能、クロノグラフ。。。etc
真実をそのまま伝える必要が”必ず”あります。
いわば商品スペックから結論として”何ができるのか”を記載する必要があります。
腕時計一つでも、アナログ時計なのかデジタル時計なのかや、夜光塗料が塗ってあるから夜でも文字盤が見えるのか、防水性能によってはプールや海で外す必要があるのかないのかなど、商品スペックによって行動結果が変わるのです。
それが明確にだされていないと商品の購入に踏み切れません。
大手家電量販店で、パソコンを買おうとして商品の実物は置いてあるけど、パソコンのスペックが一切表示されておらず、値段だけ書いてあったら、あなたは何を見て安い・高いを判断しますか?
見た目?ブランド?おまけ?
それにしてでも、それらがわからなければ買えないですよね。
真実を明確に記載するというのはそんな単純なことなのです。
しかしながら残念なことに、こういったことを書かない方も非常に多いのです。【そんなのは調べればわかるだろ】と言われるのです。
実際はそうです。ただ、その調べたところが、ライバルのお店だったら、、自分のお店に戻ってくるのでしょうか?
私なら、戻りません。多少あなたのお店が安かったくらいなら、説明を紳士的に記載してくれているお店の方が信頼できると考えますから。

商品の真実を証明する材料を掲載する

例えばほかのものよりおいしいと評判のトマトを販売したいとします。
直接対面ではんばいするときに、ほかのものよりおいしいと、どうやって説明しますか?
一番いいのは、たべてもらうことですよね。
スーパーなどでよく見かける試食です。
しかし、ネットで試食は、なかなかできません。
ではどうやって同じだけ相手においしいということをわかってもらえればいいでしょうか?
それは、なぜ、ほかのものよりおいしいのか論理的に説明してあげる必要があります。
例えば特殊な肥料を使っているとか、日照時間が長い・短いとか、温暖な気候で育てたとか、土壌が違う(科学的根拠も添えて)などそれこそ、調べれば根拠もわかるような情報を掲載する必要があるのです。
なぜなら、おいしいかどうか食べてみないとわからないけど、それだけのことをしているのなら、おいしくてもいいはずだ。と、見た人は思うからです。
自動車の燃費性能の表記がありますが、その燃費性能通りに走る車を見たことがありません。
しかし誰も虚偽記載だ、詐欺だといわないのは、統一したルールの下で計算された性能が燃費性能だと理解していて、自分が町乗りしたとき、その燃費性能の何割引き程度で走ることでできるか経験則上理解しています。
なので、リッター30km走ると記載されているのなら、自分の運転なら大体何㎞程度だなと予測します。
真実を証明する重要な材料になっているのです。
こういった情報を書かないとどうなるのかというと、【なんかよくわからないけどおいしいらしいよ】と書いてあるだけにすぎず、何でおいしいかわからないので、胡散臭く感じて買えないということにつながります。
また、この証明材料を作り記載するときに大事なことは、その証明を行う根拠の信頼性が重要です。
誰でもが納得できるような計算方法であったり、誰しもが知っている方の推薦があったり、研究機関などの論文など、簡単に言うと公的に認められた文献や権威のお墨付きが必要です。
なぜ、健康食品などの通販は有名人を使うのかというとここにあります。
あの芸能人の使っている○○というのはそれだけでこの証明材料が作れるのです。
行き過ぎると、先のペニーオークションのような事件に発展します。やりすぎ注意です。
信頼材料になるものはいくつかありますが、

  • 有名人の推薦
  • 研究機関などの検証結果や論文
  • 表彰歴
  • 売り上げ実績
  • 利用者数

など、明確に数字で表すことができたり、有名・著名である方のネームバリューなどが信頼に足ると考えられやすいのです。もし、あなたの取扱商品にこのような信頼材料がないようでしたら、すぐにでも動きましょう。
信頼に足る材料を作ることはネットのみならず実店舗、対面販売でも効果を存分に発揮します。
賞を取れるチャンスがありそうなら積極的に取りましょう。
面倒くさがった分だけ売り上げが伸びていないと考えてください。

閲覧者を安心させる材料を作る

最近はここだけがピックアップされることもありますが、前項までに記載した事項もクリアしたうえでの安心材料の提示は閲覧者にとってはもはや商品購入の最後の肩推しです。
このパートはほとんどの場合、”お客様の声の掲載”でかたずけられるパートです。
自分と似た境遇で商品を購入した人がどんな感想を述べているのかをみて、よかったというようなコメントを残していれば悩んでいる方にとっては買ってもいいのかなと思わせる以上の効果があります。
私も最近ネットで買い物をするさいには、お客様の声はなんとなく眺めています。
なんとなくながめているのですが、【よかった】というコメントの中にたまにある【よくなかった】声がまた重要で、どう良くなかったのか、どういう人間が買っても意味がないのかが見えてきます。
そうすることで、自分は【買うべき人】なのか、【買っても意味のない人】なのかがなんとなく見えてきて、購入するか否か決めることになります。
後者がもったいないと、よく依頼者に言われるのですが、【買っても意味のない人】に、商品を売ってもいい情報を発信してくれることはないと思います。
むしろ買う前にきづいてもらえてよかったはずです。あなたのビジネスにとっても変な言いがかりをつけられる数がかなり減るはずです。
なので、最近は購入者の声というものを特に重視し始めているのです。
お客さまの声以外でも

  • 販売実績(実数)
  • 売上高の推移(過去3年で売り上げが倍増しているなど)
  • 顧客満足度

などが安心させる材料になります。
顧客満足度などは、サービス業や保険業のTVCMで、どの会社も顧客満足度○年連続No1などと謳っていませんか?
みじかい時間内で安心材料をしっかり入れ込んでいるのです。

と、ここまでがボディコピーパートの要素となります。
しかし、ユーザーというのはここで終わると、尻切れとんぼに感じ、いわばウィンドウショッピングで終わってしまいがちです。
最後までお客様をしっかり誘導し、必要な方にしっかりと必要なものを手に入れてもらってこそ、成果です。商品説明ページなら購入でしょうし、ブログなどの場合は最後まで読んでもらうことでしょう。
そのために必要なパートがあります。

クローズコピーパートでしっかりお客さんに行動を決めてもらう。

商品なら購入という話でしょう。しっかりと購入したいと思っていただき、購入してもらうためにはもうワンプッシュ必要です。
それらをいかに示します。

簡便性を打ち出す。

簡便性とは、ほかの類似商品より単純に便利でかんなんなことを記載してあげます。
たとえば、腕時計でこの商品がほかの商品より簡便性に優れている点があるとしたら。。。というのを打ち出すとしたら、ベルトの長さの調整が簡単にできるなどです。
また、商品ではなく、このショッピングサイトで購入するとした際の簡便性でもいいです。
例えば申込翌日には必ず商品が到着するとか、代金後払いとか、ショップ全体としての簡便性でもいいです。
お客様にとって手軽で便利な要素は最後の肩推し材料になります。

希少性・と特典を付けてあげる

希少性とは例えば【限定何名様】や、【○月●日までのお手頃価格】などの限定プレミアム性です。
腕時計などの場合は限定○○本でシリアルナンバー付きなどがプレミアム性に当たります。
特典はかんたんにいうとおまけです。
メンテナンスキットが先着100名様に限り無料でプレゼントなどです。
希少性・プレミアム性は非常に重要で、商品というより、希少性と特典につい釣られて買ってしまう。。。ということも非常に多いのです。

保証をしっかり書いておく

化粧品などでよく、30日以内なら使用したものでも全額返金などの保証サービスを付けていたりします。
みんなが返品してくると、その企業は倒産しそうな保証です。
しかし、そういう企業は潰れることもなく黒字を出しているのはやはり商品に自信があり、返品が売り上げ・利益を上回ることが無いからです。
ああいう保証をしっかりつけて、堂々と告知できるのはやはり商品に自信があるからです。
あなたのやろうとしていることに保証は付けることができますか?よくかんがえてみてください。
わたしは、このページの保証として、このページに限りコメント欄をオープンにしたいと思います。
質問を受け付けることで、保証としたいと思います。

最後に締め

ここまでやって、売れなければ、アクセスが伸びなければ、おそらくあなたのその商品、その記事は世間ずれしているのでしょう。
そういうテクニックを最後にお教えします。
ホームページを閲覧する人の半分以上の方が実は、開いて3秒ほどの間、冒頭100文字程度読んで、自分が読むべきページだったかどうか判断しています。
そして、読むべきだと判断したら次にどういう行動を起こす人が多いのか?
と、いうと、実は目で追えるか追えないかというはやい速度で最下段までスクロールして最下段の情報を読みます。
スクロールしている間に、どのくらいの分量があって、今ある時間で読み切れるかどうかと、商品なら価格帯は自分に見合っているかどうかなどを判断しようとして行動します。
販売ページなら、結論として価格です。どんなに素晴らしい商品でも自分の予算と大きくかけ離れていたら興味がわいても買うという選択には至らないからです。
ブログなどの閲覧なら、価格の代わりに、閲覧に許される時間が予算として大体どのくらいの分量があるのかで予測して、自分が使える時間内に読み切れるのかどうかを調べようとします。
では、その最下段にあたる部分に何が記載されているといいでしょうか?
ほとんどの場合、総合してポイントを要約したまとめ・ヘッドラインがいいでしょう。
ベネフィット・商品の性能・信頼材料の要約(誰々も愛飲!)・安心材料(お客様の声が○○通とどいています!)・簡便性・希少性、特典・保証
と、各パートを1行で要約したものが最後にあるといいのです。
その要約文(ヘッドライン)が目次のようなもので、大体何が書かれているかわかって、その詳細はどこを見ればいいかわかるからです。
当ブログの場合は、このヘッドラインがWikiの目次のように自動出力されるようにしてあります。
これがあると、購入可能性の高い人を絞り、より購入率を高めることにつながります。

まとめ

たくさんのパートの説明をおこないました。
よくある質問ですが、
【この中のどれをやればいいの?】とよく聞かれます。
それは違います。この中のものを全て1Pに詰め込むのです。
それこそLP-ランディングページ作りですし、効果を高める1Pです。
貴方が当ページにたどり着いた時のタイトルを覚えていますか?

【たったの1記事で成果を獲得するために絶対抑えておきたい3つのパートとその中身の書き方】

でした。
タイトル-ボディコピー-クローズコピーの3パートに分けて、その中身の書き方を説明したのです。
どれかをやればOK!ではありませんね。全部やって初めて最低ラインをクリアだと思ってください。
ぜひ頑張って記事を書いてみてください。

はてなブックマーク - たったの1記事で成果を獲得するために絶対抑えておきたい3つのパートとその中身の書き方
[`evernote` not found]
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]

コメント

SNSでもご購読できます。

PR